夢の中までアンチエイジング

アクセスカウンタ

zoom RSS 『若返り100選』ストレス回避トレーニング

<<   作成日時 : 2010/01/23 08:41   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

『若返り100選』ストレス回避トレーニング

画像




━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ストレス回避トレーニング    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★コラム10 <「まさに今のストレス」に気づく>

  ストレスには、大きなストレスと小さなストレスがあります。
大きなストレスは、生きる上で避けようがありません。生きる上の彩りとも言え
る人生そのものなのですから。
友人や親の死、大病。このようなことは、自分を成長させる糧でもあるわけです。

「若返り」に問題なのは、ストレスとも認識できない心理的負担を指します。


【例】混んだ繁華街の交差点を肩をぶつけあいながら進む・・。×

    例えば、交通渋滞に巻き込まれてイライラしたり、繁華街のスクランブル交
    差点での人とのぶつかりあいによるイライラ等、いつのまにか身体、心に蓄
    積されるストレスは病気の元になります。当然、病気をすれば老化を早める
    ことになってしまいます。

    このような場面において、その状況をストレスと認識することが出来るよう
    になれば、心身ともに疲れから開放されます。

   「混んだ繁華街の交差点」での対処としては、「バタフライ歩行」があります。
    これは、足元の50cm四方だけを見ながら目的方向に歩く方法です。下を向
    いて歩くため、方向が解からなくなるので時折、頭を上げて息継ぎをして方
    向を確認しなければなりません。そのようなことから、この名前(バタフラ
    イ歩行)が付きました。不思議に、これで人とぶつかることはありません。
   (試しにやってみてください。原因は相手がよけてくれるからです。)
    よってストレスが溜まりません。

    ようするに、バカバカしい歩行法ではありますが、「電車をスポーツクラブ
    がわりにする思考」と同じように、交差点をストレスを溜めながら歩いてい
    る方と、「バタフライ歩行」のように楽しみながら歩く方を比べると10年
    後には恐ろしいほどの年齢差を生むということなのです。


                              谷 満



続く『若返り100選』【100】ストレスのない会話をすること


★ランキングに参加しています。
1クリックお願いします!(別窓が開きます。)
ブログセンターへ

こちらも応援お願いします!
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


夢の中までアンチエイジング

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『若返り100選』ストレス回避トレーニング 夢の中までアンチエイジング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる